34歳フリーターが街コンに参加した結果

今はもう思い出したくもないのですが、8月の上旬に、私は市内で催されている街コンに参加してきました。男性の参加費は7000円と、月に4万ほどの稼ぎしかない私には、頭にクギを打たれるほどに、痛い出費でした。

当日、私は街コンが始まる3時間程前に、市街地に着き、居酒屋やカフェなどで時間を潰していました。

服装は、女子ウケが良く清潔感があると言われている、7部丈の白いワイシャツのようなコットンシャツに、チノパンにアディダスのスニーカーという出で立ちでした。

そして、夜の7時くらいになり、某チェーン店居酒屋で街コンが始まりました。

僕は一番最初に着いたため、一番奥の席で、一番最初に着いた女性と軽くおしゃべりをしていました。

そうこうしている内に、女性6人男性4人の参加者が集まり、街コンはスタート。最初は目の前の席に座っていた26歳のキレイ目な女性と24歳の女性とお話しをしていたのですが、どうにもトークが盛り上がらず、席替えの時間になりました。

席替えの前に連絡先の交換タイムがあったため、ラインの連絡先を交換しました。スタッフというか居酒屋の店員がスタッフだったのですが、進行がいい加減でしっかりしておらず、席替えまでにそれなりの時間を要しました。

僕は仕事は何をしているのかを聞かれた際、フリーターだと答えるのが嫌であったため、フリーランスでwebデザイナーをしているという嘘をついていました。

元々病気をする前はwebデザイナーをしていましたし、病後もフリーランスでwebデザイナーをしていた時期があり、作品集のサイトなども持っていたので、割と堂々と嘘で通しました。

さて、2組目の女性陣の前に移動したのですが、その女性たちは友達同士で参加し、どちらも保育士をしているという23歳の女性二人でした。最初の女性よりは話しは盛り上がったと思ったので、ラインの連絡先を交換しました。

最後に、この人達苦手だなぁと思っていた、20歳そこそこのギャル2人の前に移動しました。会話はやはりあまり盛り上がらなかったのですが、一応ラインの連絡先を交換しました。

さて、ここからが地獄。街コンが終わり、二次会もしないままさっさと皆んな帰ったのですが、先ほど連絡先を交換した女性全員に「今日はお疲れ様でしたライン」を送った結果、2人からだけ返信があり、後の4人にはブロックされました。

私は街コンに初めて行ったので知らなかったのですが、街コンや婚活パーティーでは、中々ライン交換を断りにくいので、そういった形でお断りをする人が多いそうです。

以前から街コンに憧れていて、街コンに行けば彼女が出来ると思っていた私は、酷く落ち込み、翌日からのアルバイトにも身が入らず、抜け殻状態でした。

もう二度と街コンにはいかないと誓いました。

田舎のマッチングアプリ事情

私は、北海道の田舎に住んでいるのですが、出会いが殆ど無いため、良く「田舎 彼女の作り方」で検索すると、異常に沢山出てくるマッチングアプリを推薦するサイトに多数ブチ当たりました。

実際にサイトに載っていた、何種類かのマッチングアプリを試してみた結果なのですが、

一番有効と感じられたのはTinderという、位置情報を利用したマッチングアプリです。

Tinderは自分から周囲◯◯キロという、範囲の設定が出来、表示された女性の写真に◯か×を付けていくというマッチング方法を採っています。お互いに◯をつければ晴れてマッチングとなります。

このアプリでは、私は3人の女性とマッチングしたのですが、あまりメッセージが続かず、会うには至りませんでした。

しかし、男性無料で使えるマッチングアプリはTinderの他になく、間違いなくTinderが一番まともだと言わざるを得ないでしょう。

そのTinderでさえ、20人くらいの女性会員に、いいねやスキップをしていたところ、「もう周りに人がいませんと」表示されるようになってしまいました。

次にペアーズ。こちらはコミュニティ機能があり、私の住んでいる地方自治体のコミュニティがあったため、4名ほどとマッチングすることが出来ました。しかし、メッセージを送るのに課金しなくてはならないため、私はメッセージは送らず、そこで終了。

他にもタップル、イブイブ、ハッピーメール、omiaiなど、様々なマッチングアプリを試してみましたが、都道府県以下の市区町村で検索を絞ることが出来ないため、殆ど役には立ちませんでした。

というのも、私が住んでいる地方自治体からは札幌に行くのに、特急で1時間半かかります。

なので、札幌の女性とマッチングしてもあまり意味がないのですが、先に挙げたアプリは札幌の女性ばかり出てくるため、私の住んでいる地方自治体の女性が見つからず、利用に至りませんでした。

以上が、北海道の田舎のマッチングアプリ事情です。

追記、あれからしばらくTinderを続けていたのですが、二児の母というシングルマザーの女性とやりとりが続いています。

やはり男性無料というのが魅力的なのでTinderはしばらく続けていきたいと思います。

マッチングアプリを使うのも良いですが、お金をかけることを惜しまないならば、街コンに参加する方が、手っ取り早くて良いと思います。

早速、街コンに参加することを決め、申し込みをしたので、来週街コンを楽しんでみたいと思います。

私はうつ病になって婚約者と離別してから7年ほど彼女がいません。34歳のフリーターがどこまでモテるのかは分かりませんが健闘したいと思います。

追記、マッチングアプリのYYCを試してみたところ、所謂キャッシュバッカーと呼ばれるサクラに騙され、課金する羽目になりました。

サクラは基本LINEの交換に応じず、サクラでないアクティブユーザーで、私のいる自治体に住んでいる人は殆どいないのではないかと思われます。

一方で、マッチングアプリのハッピーメールは、サクラより悪質業者や、不倫目的の既婚者、援助交際目的のユーザーが多数おり、私もLINEの連絡先は交換出来たものの、あまり良い結果にはなりませんでした。

また、ハッピーメールと似たようなマッチングアプリでワクワクメールとJメールというものがあるのですが、どちらも援助交際目的の所謂、援デリ業者だらけでした。

こんなメールが返ってきます(^_^;)

追記、8月14日からペアーズの有料会員になりました。理由はマッチングした数が一番多かったからです。しかし、ペアーズは有料会員登録しないとメッセージができず、月会員費が4100円と決して安くはありませんでした。

何名かの女性とやりとりをし、ラインの連絡先を交換したのですが、こちらも実際に会うまでには至りませんでした。

さらに、やはり僕の住んでいる地方自治体のアクティブユーザーかつ好みの女性がとても少なく、いいねが余るという状態で一カ月の有料会員期間は過ぎていきました。

やはり地方でのマッチングアプリでの出会いは難しいようです。