34歳フリーターが街コンに参加した結果

今はもう思い出したくもないのですが、8月の上旬に、私は市内で催されている街コンに参加してきました。男性の参加費は7000円と、月に4万ほどの稼ぎしかない私には、頭にクギを打たれるほどに、痛い出費でした。

当日、私は街コンが始まる3時間程前に、市街地に着き、居酒屋やカフェなどで時間を潰していました。

服装は、女子ウケが良く清潔感があると言われている、7部丈の白いワイシャツのようなコットンシャツに、チノパンにアディダスのスニーカーという出で立ちでした。

そして、夜の7時くらいになり、某チェーン店居酒屋で街コンが始まりました。

僕は一番最初に着いたため、一番奥の席で、一番最初に着いた女性と軽くおしゃべりをしていました。

そうこうしている内に、女性6人男性4人の参加者が集まり、街コンはスタート。最初は目の前の席に座っていた26歳のキレイ目な女性と24歳の女性とお話しをしていたのですが、どうにもトークが盛り上がらず、席替えの時間になりました。

席替えの前に連絡先の交換タイムがあったため、ラインの連絡先を交換しました。スタッフというか居酒屋の店員がスタッフだったのですが、進行がいい加減でしっかりしておらず、席替えまでにそれなりの時間を要しました。

僕は仕事は何をしているのかを聞かれた際、フリーターだと答えるのが嫌であったため、フリーランスでwebデザイナーをしているという嘘をついていました。

元々病気をする前はwebデザイナーをしていましたし、病後もフリーランスでwebデザイナーをしていた時期があり、作品集のサイトなども持っていたので、割と堂々と嘘で通しました。

さて、2組目の女性陣の前に移動したのですが、その女性たちは友達同士で参加し、どちらも保育士をしているという23歳の女性二人でした。最初の女性よりは話しは盛り上がったと思ったので、ラインの連絡先を交換しました。

最後に、この人達苦手だなぁと思っていた、20歳そこそこのギャル2人の前に移動しました。会話はやはりあまり盛り上がらなかったのですが、一応ラインの連絡先を交換しました。

さて、ここからが地獄。街コンが終わり、二次会もしないままさっさと皆んな帰ったのですが、先ほど連絡先を交換した女性全員に「今日はお疲れ様でしたライン」を送った結果、2人からだけ返信があり、後の4人にはブロックされました。

私は街コンに初めて行ったので知らなかったのですが、街コンや婚活パーティーでは、中々ライン交換を断りにくいので、そういった形でお断りをする人が多いそうです。

以前から街コンに憧れていて、街コンに行けば彼女が出来ると思っていた私は、酷く落ち込み、翌日からのアルバイトにも身が入らず、抜け殻状態でした。

もう二度と街コンにはいかないと誓いました。